Loading...

ブログ

白く輝くセラミック歯の種類について 《東京・銀座の審美歯科 審美治療 セラミック治療 セラミック 白い歯 芸能人》

 

皆様こんにちは

 

マキデンタルオフィス銀座

院長の今村真樹です。

 

本日は審美治療では必ずといって良いほどよく説明をする

セラミックの歯の種類についてお話しします。

 

セラミックでの審美治療のメリットは先日のブログでお話しした。

 

「セラミック治療をお勧めする3つの理由」

http://ameblo.jp/maki-ameblo/entry-12118767610.html

 

をご覧ください。

 

セラミック 白い歯 審美

e-maxセラミック

 

 

では、そのセラミックにも種類があることはご存知でしょうか?

大きく分類すると、

・ハイブリッドセラミック

・オールセラミック

・メタルボンドセラミック

・ジルコニアセラミック

 

があります。

 

ハイブリッドセラミックとは、ナノフィラーと呼ばれる超微粒子セラミックスを

プラスチック(レジン)の中に高密度に混ぜ合わせたもので、

セラミックスとプラスチックの特徴が合わさっている素材です。

セラミックのような白さと硬さがあり、プラスチックのような粘り強さがあります。

 

メリットとしては、低価格セラミック治療として良く扱われている素材で

とりあえず安くて白い歯が良いと考える方には良い治療法だと考えます。

デメリットとして、色調再現性が低かったりレジンの劣化による変色や、破折のリスクが

高くなるという点が挙げられます。また、表面性状が荒いため

プラークなどの汚れが付きやすい傾向があります。

当院では過去の患者様の意見を取り入れた結果、デメリットの点が結果的に患者様の

満足度を下げてしまうという結論に至り、当院ではこの材料は使用しておりません。

 

オールセラミックとは、全て歯科用セラミックス(陶材)だけで出来ている

素材です。

金属を使用しないことでメタルフリー治療が可能となり、天然歯のような透明感や明るさを再現することができるため、自然な美しい仕上がりになります。

歯の根元や歯ぐきが黒くなることがないので、審美性が要求される前歯や奥歯の治療また部分的に被せる治療(インレー修復)に最適です。また生体親和性が高い為、身体にやさしく、金属アレルギーの心配もありません。

表面も滑沢で汚れが付きにくく、強度も高いため、奥歯の治療に良く使用されます。

当院のオールセラミック治療ではIvoclar vivadent社製の

e-maxプレスセラミックを標準使用しております。

http://www.ivoclarvivadent.jp/jp/ips-emax-for-technicians/ips-emax

e-maxセラミック セラミック 審美歯科

e-max セラミック ブロック

続いて、メタルボンドセラミックとは

金属の骨組みの上にセラミックを盛り上げ(築盛)、焼き付けることによって作成されます。

メタルボンドとは古くからあるセラミッククラウンで、

高齢の方や、昔にセラミック治療をしたであろう中~高年の芸能人等にも良く装着されているのを見かけます。

適応する範囲が広く、金属の裏打ちがあるため、

比較的長い設計のブリッジも作成可能です。

欠点として金属の裏打ちがあるため、丈夫ですが透明感はオールセラミックより劣ります。

前歯に使用すると、歯と歯茎の境目が暗く見える事があります。

健康保険の歯に比べると歯茎に溶け出す金属の量は少ないのですが、金属の裏打ちがある分透明度が下がり、いかにも作り物のような不透明な歯に仕上がることが多くなります。

 

メタルボンド セラミック 審美

セラミック歯の比較

(左、メタルボンドセラミック  右、オールセラミック)

 

 

 

また、使用する金属によりアレルギーのリスクもあります。
当院では審美性の劣る点、金属アレルギーのリスク、ノンメタル治療をお勧めする点から

基本的にはメタルボンドをお勧めすることはありません。

(ブリッジの設計によってはメタルボンドでなければ難しい場合があり、その際は使用することもあります。)

 

メタルボンド セラミック ジルコニア

セラミックの光の透過性

(光の透過性の違い。 左、メタルボンド  右、オールセラミック)

 

最後にジルコニアセラミックです。

セラミック 歯 審美 白い歯

セラミック治療後

 

(写真はジルコニアセラミッククラウンプレミアム)

 

ジルコニアという、非常に硬く白い物質で人工ダイヤにも使われる物質材料で

これで骨組みを作り、その上にセラミックを盛り上げ焼付ます。
表面性状は滑沢で汚れも付きにくく、歯周病にもなりにくい材料と言えます。もちろん、金属を使用していないためアレルギーの心配はありません。
セラミックを焼き付けるため、高度な色調の調節も可能です。

そのため、強度もあり、周りの歯とよく調和し、自然な仕上がりが可能となります。

適応範囲はすべての歯に使えます。設計に無理がない範囲でブリッジにも使用可能です。

強度と、色調再現性のバランスが非常に良いため当院では前歯から奥歯まで多く使用されている素材になります。

また、ジルコニアセラミックに関してはごく一般的な歯科で使用されるグレードの

スタンダード。

完成までに厳しいチェックを繰り返し、合格した物のみが採用され、

患者様に提供される

ファイン。

セラミックを作成する技工士を教育する先生が患者様のためにクリニックに訪問し、

希望に合った歯を

フルオーダーメイドで作成するプレミアムとグレードを選択することが可能です。

 

いずれの治療にしても、患者様の希望に添った治療を提案いたしますのでご安心ください。

 

当院はドクターやスタッフに治療の相談がしやすい環境を整えていますのでお気軽にご相談ください。

歯周病について② 《東京・銀座の歯医者 歯周病、クリーニング、ホワイトニング、口臭、出血、デンタルエステ、虫歯治療》

みなさんこんにちは音譜

マキデンタルオフィス銀座

歯科衛生士の名児耶ですブーケ2

今回も引き続き歯周病についてお話しします。

 

歯周病 デンタルケア デンタルエステ ホワイトニング

歯周病のケアをしっかり行いましょう。

 

歯周病は無症状で知らない間に徐々に進行する病気であり

気づいた時には大変な状態になってしまっている怖い病気です。

 

歯周病のような初期の症状の見つけにくい病気は早い段階から予防することが大切ですビックリマーク

 

歯周病の進行過程~

歯周病の進行過程を五段階に分けて説明しますひらめき電球

 

健全な歯肉

歯茎:サーモンピンク色、引き締まっている

歯周ポケット:1~2mm

 

歯肉炎

歯茎:赤くなり少し腫れている、ブラッシングで出血する。

歯周ポケット:2~3mm

この段階では炎症は歯と歯茎に限られているので、

歯と歯ぐきの周りのプラークを歯ブラシで一生懸命除去すれば、

健康な状態に戻すことが可能です。

しかし、歯磨きを疎かにしたり上手く磨けずに汚れが蓄積してしまうと、

プラーク内で菌が徐々に増えてしまいます。

 

歯周炎(軽度)

歯茎:赤く腫れ、出血がある

歯周ポケット:3~5mm

歯肉の腫れが大きくなり根の先に向かって炎症が拡大し

歯槽骨(歯を支えている骨)や歯根膜(歯を支えるクッション)も破壊され始めます。

プラークや歯石が歯周ポケットに溜まります。

 

歯周炎(中度)

歯茎:赤く腫れ、出血、膿・口臭がある、歯が少し揺れる。

歯周ポケット:4~7mm

炎症が更に拡大し、歯槽骨も根の長さの半分近くまで破壊されます。

歯がぐらつき始め、歯周ポケットも更に深くなります。

 

歯周炎(重度)

歯茎:赤く腫れ、口臭、頻繁に出血、膿が出る、歯が明らかにぐらぐらする。

歯周ポケット:6mm以上

炎症が拡大し歯槽骨が半分以上破壊され、歯の揺れが著しくなります。

この段階だと骨の吸収がかなり進んでしまっている為、

抜歯になる場合もあります。

重度の歯周炎になり歯が抜けてしまうと、噛む力が弱くなり、

食べたい物も食べられなくなってしまいます。しょぼん

 

また、食事が美味しく感じにくくなると

栄養にも影響が出てしまいがちです。

歯を失うことは、

生活の質やお口の健康だけでなく全身の健康にも大きな影響を与えます。

 

歯周病が重度になってから慌てて治療するのではなく、

早い段階から予防することがなにより大切ですドキドキ

ご自身では歯周病の進行具合に

気付かないこともあると思いますので、

定期的なメインテナンスに行くことをオススメしますキラキラ

質問等も丁寧にお答えしますので、

来院お待ちしておりますニコニコ音譜

 

歯茎からの出血や口臭が気になる方はマキデンタルオフィスへ☆

 

 

歯周病について①  《東京・銀座の歯科医院 歯周病、口臭、予防、クリーニング、ホワイトニング、虫歯、デンタルエステ》

みなさんこんにちは音譜

歯科衛生士の名児耶です歯(小)笑顔ブラシ付

今回は、歯周病についてお話ししたいと思いますビックリマーク

歯周病に関しては、

一つの記事では収まらないので

何回かに分けてお伝えしていきますヒヨコクローバー

歯ブラシ クリーニング ホワイトニング

歯周病予防は歯磨きの習慣と医院でのクリーニングがおすすめです。

 


歯周病 》とは、

歯を支えている周りの組織(歯肉・歯槽骨等)の病気です。

最終的には歯を支えている骨が溶けていきます。

そして歯周病の恐ろしいところは、、

 

痛みがほとんどない

自覚症状がないまま進行していくという事ですえっあせる

 

重度の歯周病では話は別ですが、

 

初期の歯周病では虫歯のように

痛みがあまりない為

 

進行しても歯医者に行かずにそのままの方

が多いのではないかと思いますショック!

 

 

【 歯周病セルフチェック 】

 

今の状態をチェックしていきましょうニコニコ晴れ

 

 

・歯磨きをすると歯ブラシに血がつく

 

・歯茎の色が赤く腫れている

 

・口臭がある

 

・歯茎を押すと膿が滲み出てくる

 

・歯がグラグラする

 

・朝起きた時、口の中がネバつく

 

・歯と歯の間に食べ物がよく挟まる

 

・歯茎に痛みがある

 

・歯が以前より長くなったように見える

 

 

この中でひとつでも当てはまっている方は、

歯周病の可能性がありますビックリマーク

特に口臭は周りの人に迷惑をかけることもあるので

エチケットとして気を付けたいところですね!

 

歯周病は徐々に進行していきますショック!

 

虫歯のチェックと併せて

一度歯科医院に受診して、検診を受けましょうベル

 

歯磨きでインフルエンザ対策! 《東京・銀座の歯医者  予防、クリーニング、ホワイトニング、インフルエンザ、歯周病、着色、審美、デンタルエステ》

みなさまこんにちは晴れ

 

マキデンタルオフィス銀座

衛生士の名児耶です歯歯ブラシ

 

最近はグッと気温も低くなり、

インフルエンザが増えてきていますねショック!

特にお仕事で忙しいみなさまは

インフルエンザにかかると

色々と辛いですよねあせる

そこで、今回は歯科の観点からみる

 

インフルエンザ予防法について

 

お話ししたいと思います。

 

インフルエンザ クリーニング 歯周病

手洗いうがい歯のクリーニングでインフルエンザを予防しましょう。

 

そもそも、インフルエンザとは

 

気温の低く乾燥した時期に

インフルエンザウイルスが、

鼻から喉にかけての粘膜の細胞に付いて、

侵入し増殖することで発症します。

 

通常、粘膜はタンパク質で覆われているため、

ウイルスはなかなかくっつかないのですが..

口の中の細菌が作る酵素(プロテアーゼ)が

粘膜を覆っているタンパク質を破壊してしまい、

 

結果、ウイルスが粘膜に侵入しやすくなって増殖してしまうのです。

 

原因となる酵素は歯垢、歯石、舌苔などから発生します。

 

この酵素を減らすことでウイルスの増殖を

抑えることが出来るといわれています。

対策としては、

毎日歯磨きをしっかり行う

(独自の磨き方では磨き残しがある方が殆どです。

衛生士に磨き残し部位を聞いておきましょう!)
定期的なクリーニングで歯石や舌苔を取る

虫歯や歯周治療をしておく

○手洗い、うがいの習慣をつける

○人ごみの中ではマスクで予防する

 

クリニックでの専門的なクリーニングでお口の中を清潔に保ち、
歯周病もインフルエンザも予防しましょうビックリマーク

 

当クリニックでは家事やお仕事で体力が落ち、免疫が下がってしまったという方に

高濃度ビタミンC点滴や、にんにく注射もできますので。

お疲れの方は是非お試しください。

 

当院で標準使用の高品質インプラントについて 《東京・銀座の歯科 インプラント、ノーベルバイオケア、無痛治療、審美治療、口腔外科》

皆様こんにちは。

マキデンタルオフィス銀座

院長の今村真樹です。

本日は、当院で使用しているインプラントについてお話しします。

現在、全世界で100社以上のインプラントメーカーが存在すると言われています。

そのうち、日本には約40社ほどのインプラントメーカーがあります。

世界では、ノーベルバイオケア社(スウェーデン)とストローマン社(スイス)のインプラントが世界シェアの4割近くを占めています。

実際、日本国内においても、この2社のインプラントは多く使用されています。

よく低価格インプラントで流通しているものではワンピースタイプインプラントや、

国内メーカーによるインプラント、

その他、韓国製、中国製のインプラントも多く使用されています。

当院ではインプラント治療の祖であるブローネンマルク教授が研究・開発を行った

ノーベルバイオケア社のインプラントを使用しています。

ノーベルバイオケア インプラント 審美歯科

ノーベルバイオケア社

 

以下、ノーベルバイオケア社より抜粋。

『 1965年にスウェーデンのブローネマルク博士により、

世界で初めて骨と結合する近代インプラントが歯科医療に臨床応用されました。

それは従来の治療方法とは大きく異なる、画期的な治療方法でした。

ノーベルバイオケアはブローネマルク博士が発見した骨と結合する近代歯科インプラントを

世界で初めて製品展開した、インプラントシステムのパイオニアです。

1950年代、スウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク博士の研究チームは

微小循環(血液の流れ)に関する基礎研究を行っていました。

治療の経過を観察するため、動物の体内にチタン片を埋め込んだところ、

研究の終了後、このチタンが骨から取り外せなくなっていました。

この現象に興味をもったブローネマルク博士は大規模な研究を開始。

チタンが骨組織と特殊な方法で結合する過程を明らかにし、

これをオッセオインテグレーション(骨結合)と命名しました。

さらに博士は、長期間にわたる研究を経て、

1965年より歯科分野でインプラントの治療をスタートさせ。

以来、歯科インプラントは全世界で数千万人の患者に使用されています。』

現在世界には数多くのインプラントが存在しますが、ノーベルバイオケア社のインプラントは

長年の歴史と成果の背景があり、

皆様に最も安心して使用できるインプラントブランドの一つだと考えています。

歯科インプラントの構造においてもノーベルバイオケア社のインプラントはトラブルも少なく、

治療後の長期予後も良好に得やすい2ピースタイプのインプラントを基本としています。

インプラント 審美治療 審美 審美歯科

ノーベルバイオケア社製インプラント

2ピースタイプインプラントとは

骨の中に入るフィクスチャーと呼ばれるネジの部分と、

そのフィクスチャーに接続されるアバットメントと呼ばれる土台部分の

2つのパーツにわかれています。

この接続は、初期から存在するインプラントとアバットメントの接続部位が

凸になっているエクスターナル接続よりも、

凹になっているインターナル接続の方が、ゆるみにくく、

取り扱いやすいことが近年解ってきました。

そこで、2003年頃にインターナル接続のインプラントが開発されました。

しかし、エクスターナル接続もインターナル接続も、

フィクスチャーとアバットメントをネジの力だけで止めるバットジョイントと呼ばれる

単純な接続方式になります。

バットジョイントのような単純な接続では物を噛む力によりアバットメント自体が揺さぶられ、

微細な隙間(マイクロギャップ)ができてしまい、

その隙間から細菌がインプラントの内部に出入りしてしまいます。

口腔内に存在する細菌の大きさは約2μm程度なため、

マイクロギャップからインプラントの隙間に入り込んだ際に

インプラント周囲の炎症や骨吸収の原因(インプラント周囲炎)に繋がる言われています。

そして、更にインプラントの研究・開発が進み、

そのマイクロギャップをつくらないコニカルコネクションという

接続でインプラントとアバットメントの隙間を閉じることの出来る

インプラントが作られました。

当院で使用しているノーベルバイオケア社のインプラント『ノーベルテーパードCC』は、

コニカルコネクションタイプの最新インプラントです。

インプラント ノーベルバイオケア CC

ノーベルテーパードCC

 

インプラント治療 歯科 銀座

インプラント構造

コニカルコネクションの感染防御性や、インプラント歯肉移行部の組織再現性、および審美性。

また、天然歯根の形状が付与されたテーパード・ボディは

高い初期固定を得るためにデザインされています。

「ノーベルテーパードCC」のその他の特徴として、

1. 柔軟性の高い補綴(上部構造)修復

2種類の補綴連結様式を可能とし、通常のアバットメントにも、

インプラント ブリッジにも適応。

2. 周囲組織を最大限に維持

プラットフォーム・シフティングが採用された頚部デザインにより、

良好な周囲組織の維持と自然な審美性を実現。

3. 確立されたコンセプト

天然歯根の形状が付与されたテーパード・ボディは、

すべてのインプラント術式においても高い初期固定が実現。

4. 密着性の高い連結部

アバットメントの連結部はヘキサゴナル(六角形状)・インターロッキングを備えた、インターナル・コニカル・コネクション。
密着性に優れ、高い機械的強度を有します。

コニカルコネクションのインプラントは、従来のブローネマルク・インプラントと比べて、
インプラント周囲の骨の吸収が少ないことがわかっています。

コニカルコネクションインプラントで骨吸収が少ない理由は、インプラントとアバットメントの接続部分が骨の上(歯ぐきのレベル)にあるからです。

インプラントとアバットメントの接続が歯槽骨近い場所にあると、インプラント周囲の骨が吸収しやすいことが近年の研究で解ってきました。

歯ぐきのレベル(ティッシュレベル)に接続部分があると審美的な治療をしにくいことが欠点ですが、骨の吸収が少ないことは利点となります。

最近のインプラントは、アバットメントとの接続が骨のレベルにあります
(ボーンレベル・インプラント)。

歯ぐきの厚みは約2~3mmありますが、この約2mmの歯茎の厚みを利用して、
断面が円のインプラントの形を歯の形に近づけます。

ボーンレベル・インプラントでは、歯ぐきの厚みを利用して、断面が円のインプラントの形を天然の歯の形に近づけることができます。

そのためには、インプラントとアバットメントの接続は骨と同じレベルにないといけません。 しかし、接続面を骨と同じレベルにすると、周囲の骨が吸収してしまいます。

それを解決できるのが、プラットフォーム・スイッチングです。 プラットフォーム・スイッチングとは、アバットメントの直径をインプラントの直径よりも小さくすることです。

そうすることで、接続部を骨から遠ざけ、また、その部位に軟組織(歯肉の自然な形態を付与することが可能なため)

骨吸収を防いでいます。

当院ではこのような歴史と先端の技術を兼ねそろえた
インプラントを使用し、
患者様に長期に渡り安心して使用して頂けるインプラントを標準使用しています。

インプラント治療は、歯科治療の総合力が試される治療法です。
しっかりとした診断、および治療計画に基づいた治療を提供することが
非常に大切だと考えます。

インプラント ノーベルバイオケア 審美治療

ノーベルバイオケア社からインプラントサティフィケートとして贈呈されました。

インプラント治療を検討されている方や、詳しく説明を受けてみたいという方は
お気軽にご相談ください。