東京・銀座の歯医者 無痛治療・セラミック治療・ホワイトニング・インプラントのマキデンタル オフィス銀座
Loading...

ブログ

点滴メニュー好評につき 《東京・銀座の歯医者 無痛治療、点滴、美容、アンチエイジング、疲労回復》

 

 

 

 

皆様こんにちは。

マキデンタルオフィス銀座

院長の今村真樹です。

最近やっと気温が安定してきたような感じがしますね。

寒暖の差が激しく、体力&免疫が落ちてしまった方に朗報です。

当院では以前より高濃度ビタミンC点滴を行っていましたが、

点滴治療が好評のため、この度メニューの拡充を行いました。

08724149bf31569f97b932da13bfed91_s

<点滴メニュー>

・プラセンタ注射 <2アンプル:¥3000-、 3アンプル(1.5倍量)¥4500->(約30分)

・にんにく注射  <1アンプル¥3000-、2アンプル(2倍量)¥6000->(約30分)

・高濃度ビタミンC点滴12500mg <¥10000->(約1時間)

(全て税別)

が追加されました。

<プラセンタとは>

a5629d944b94b25d4ae843f6a4b48ea1_s

一般的には哺乳類の胎盤から栄養素などの成分を抽出した胎盤成分を抽出したものになります。

母体と胎児を繋ぐ重要な器官である胎盤には、

生命の源となるアミノ酸やタンパク質・脂質・糖質の三大栄養素はもちろん、

生理活性成分であるビタミン・ミネラル・核酸・酵素など

胎児の生育に欠かせないあらゆる栄養素が含まれています。

アミノ酸は身体の細胞をつくる原料となり、

タンパク質・脂質・糖質は身体をつくる重要な栄養源です。

そしてビタミン・ミネラルには、身体の機能を正常に保つ役割があります。

また、核酸は遺伝子の修復や新陳代謝の調整など

エイジングケアに作用する栄養素として知られ、

酵素は免疫力アップに欠かせないものとなっています。

他にも抗酸化力を向上させる活性ペプチド、

細胞と細胞を繋いで健康な肌をつくるムコ多糖体(ヒアルロン酸など)、

細胞の新陳代謝を促す成長因子が含まれるなど

沢山の健康、美容効果があります。

<プラセンタの主な効果>

•自律神経、ホルモンバランスの調整する
•組織修復作用がある
•病気への抵抗力を高める
•抗アレルギー作用がある
•抗炎症作用がある
•代謝を活発にし臓器や細胞の働きを活性化させる
•肝臓の働きを高める
•活性酸素を除去する

歯科領域ではインプラントや、外科処置の傷口の回復促進や、

歯周病菌に対しての免疫力の向上が見込めます。

<にんにく注射とは>

012c3ba951ba27b7681410cf12bf0176_s

にんにくの成分と同等の効果を目的として、

点滴に様々なビタミン(特にB1)等を含んだ注射のことです。

にんにくを直接食べたり、サプリメントの内服よりも遙かに速効性があります。

<効果>

•疲労回復
•筋力アップ
•腰痛
•肩こり
•筋肉痛
関節痛 •神経痛の改善
•眼精疲労
•貧血の改善
•胃腸の働きが良くなる
•にきび
•肌荒れ
•口内炎の改善

<こんな時にお勧めです。>

•疲労の強いとき
•体力を回復したいとき
•病後
•疲れで食欲の無いとき
•元気で仕事をしたいとき

<安全性>

過剰投与による副作用は一切ありません。

毎日でも投与可能です。

プラセンタとの併用で、さらに効果があります。

当院ではプラセンタ、にんにく注射共に厚生労働省に認可された 日本製の薬剤を使用

しています。

実際に受けて頂いた感想は「お肌がプルプルになった」「疲れが取れた」など、

好評頂いています。

皆様、点滴後比較的早い段階で効果を実感されています。

高濃度ビタミンC も、より安全に多くの方に受けて頂きやすいように

12500mg (約レモン700個分)の濃度で提供を開始しました。

7495f9d447e29c1a19e3cb4e77a1f143_s

以上の点滴は各々の体調の具合でミックスすることも可能です。

打ち方として、高濃度ビタミンC点滴をベースに、プラセンタ。もしくは、

にんにく注射をミックスするカクテル点滴がお勧めです。

調子の悪い時に単回で注射するもの良いですが、

1~2週間ごとに定期的に行うと非常に効果が高く持続します。

価格も都内点滴バーと殆ど変わらないので、クリーニングや、ホワイトニング、

もしくは治療を行いながらでも気軽に受けていただけます。

 

『なお、当院は 芝浦・海岸・品川・大井町・築地・勝どき・月島・晴海・豊洲・東雲・有明・台場などの湾岸エリアからもアクセスが良い立地となります。

湾岸エリアで歯医者をお探しの方々のご来院もお待ち申し上げております。』