Loading...

ブログ

歯周病について② 《東京・銀座の歯医者 歯周病、クリーニング、ホワイトニング、口臭、出血、デンタルエステ、虫歯治療》

みなさんこんにちは音譜

マキデンタルオフィス銀座

歯科衛生士の名児耶ですブーケ2

今回も引き続き歯周病についてお話しします。

 

歯周病 デンタルケア デンタルエステ ホワイトニング

歯周病のケアをしっかり行いましょう。

 

歯周病は無症状で知らない間に徐々に進行する病気であり

気づいた時には大変な状態になってしまっている怖い病気です。

 

歯周病のような初期の症状の見つけにくい病気は早い段階から予防することが大切ですビックリマーク

 

歯周病の進行過程~

歯周病の進行過程を五段階に分けて説明しますひらめき電球

 

健全な歯肉

歯茎:サーモンピンク色、引き締まっている

歯周ポケット:1~2mm

 

歯肉炎

歯茎:赤くなり少し腫れている、ブラッシングで出血する。

歯周ポケット:2~3mm

この段階では炎症は歯と歯茎に限られているので、

歯と歯ぐきの周りのプラークを歯ブラシで一生懸命除去すれば、

健康な状態に戻すことが可能です。

しかし、歯磨きを疎かにしたり上手く磨けずに汚れが蓄積してしまうと、

プラーク内で菌が徐々に増えてしまいます。

 

歯周炎(軽度)

歯茎:赤く腫れ、出血がある

歯周ポケット:3~5mm

歯肉の腫れが大きくなり根の先に向かって炎症が拡大し

歯槽骨(歯を支えている骨)や歯根膜(歯を支えるクッション)も破壊され始めます。

プラークや歯石が歯周ポケットに溜まります。

 

歯周炎(中度)

歯茎:赤く腫れ、出血、膿・口臭がある、歯が少し揺れる。

歯周ポケット:4~7mm

炎症が更に拡大し、歯槽骨も根の長さの半分近くまで破壊されます。

歯がぐらつき始め、歯周ポケットも更に深くなります。

 

歯周炎(重度)

歯茎:赤く腫れ、口臭、頻繁に出血、膿が出る、歯が明らかにぐらぐらする。

歯周ポケット:6mm以上

炎症が拡大し歯槽骨が半分以上破壊され、歯の揺れが著しくなります。

この段階だと骨の吸収がかなり進んでしまっている為、

抜歯になる場合もあります。

重度の歯周炎になり歯が抜けてしまうと、噛む力が弱くなり、

食べたい物も食べられなくなってしまいます。しょぼん

 

また、食事が美味しく感じにくくなると

栄養にも影響が出てしまいがちです。

歯を失うことは、

生活の質やお口の健康だけでなく全身の健康にも大きな影響を与えます。

 

歯周病が重度になってから慌てて治療するのではなく、

早い段階から予防することがなにより大切ですドキドキ

ご自身では歯周病の進行具合に

気付かないこともあると思いますので、

定期的なメインテナンスに行くことをオススメしますキラキラ

質問等も丁寧にお答えしますので、

来院お待ちしておりますニコニコ音譜

 

歯茎からの出血や口臭が気になる方はマキデンタルオフィスへ☆

 

 

歯周病について①  《東京・銀座の歯科医院 歯周病、口臭、予防、クリーニング、ホワイトニング、虫歯、デンタルエステ》

みなさんこんにちは音譜

歯科衛生士の名児耶です歯(小)笑顔ブラシ付

今回は、歯周病についてお話ししたいと思いますビックリマーク

歯周病に関しては、

一つの記事では収まらないので

何回かに分けてお伝えしていきますヒヨコクローバー

歯ブラシ クリーニング ホワイトニング

歯周病予防は歯磨きの習慣と医院でのクリーニングがおすすめです。

 


歯周病 》とは、

歯を支えている周りの組織(歯肉・歯槽骨等)の病気です。

最終的には歯を支えている骨が溶けていきます。

そして歯周病の恐ろしいところは、、

 

痛みがほとんどない

自覚症状がないまま進行していくという事ですえっあせる

 

重度の歯周病では話は別ですが、

 

初期の歯周病では虫歯のように

痛みがあまりない為

 

進行しても歯医者に行かずにそのままの方

が多いのではないかと思いますショック!

 

 

【 歯周病セルフチェック 】

 

今の状態をチェックしていきましょうニコニコ晴れ

 

 

・歯磨きをすると歯ブラシに血がつく

 

・歯茎の色が赤く腫れている

 

・口臭がある

 

・歯茎を押すと膿が滲み出てくる

 

・歯がグラグラする

 

・朝起きた時、口の中がネバつく

 

・歯と歯の間に食べ物がよく挟まる

 

・歯茎に痛みがある

 

・歯が以前より長くなったように見える

 

 

この中でひとつでも当てはまっている方は、

歯周病の可能性がありますビックリマーク

特に口臭は周りの人に迷惑をかけることもあるので

エチケットとして気を付けたいところですね!

 

歯周病は徐々に進行していきますショック!

 

虫歯のチェックと併せて

一度歯科医院に受診して、検診を受けましょうベル

 

歯磨きでインフルエンザ対策! 《東京・銀座の歯医者  予防、クリーニング、ホワイトニング、インフルエンザ、歯周病、着色、審美、デンタルエステ》

みなさまこんにちは晴れ

 

マキデンタルオフィス銀座

衛生士の名児耶です歯歯ブラシ

 

最近はグッと気温も低くなり、

インフルエンザが増えてきていますねショック!

特にお仕事で忙しいみなさまは

インフルエンザにかかると

色々と辛いですよねあせる

そこで、今回は歯科の観点からみる

 

インフルエンザ予防法について

 

お話ししたいと思います。

 

インフルエンザ クリーニング 歯周病

手洗いうがい歯のクリーニングでインフルエンザを予防しましょう。

 

そもそも、インフルエンザとは

 

気温の低く乾燥した時期に

インフルエンザウイルスが、

鼻から喉にかけての粘膜の細胞に付いて、

侵入し増殖することで発症します。

 

通常、粘膜はタンパク質で覆われているため、

ウイルスはなかなかくっつかないのですが..

口の中の細菌が作る酵素(プロテアーゼ)が

粘膜を覆っているタンパク質を破壊してしまい、

 

結果、ウイルスが粘膜に侵入しやすくなって増殖してしまうのです。

 

原因となる酵素は歯垢、歯石、舌苔などから発生します。

 

この酵素を減らすことでウイルスの増殖を

抑えることが出来るといわれています。

対策としては、

毎日歯磨きをしっかり行う

(独自の磨き方では磨き残しがある方が殆どです。

衛生士に磨き残し部位を聞いておきましょう!)
定期的なクリーニングで歯石や舌苔を取る

虫歯や歯周治療をしておく

○手洗い、うがいの習慣をつける

○人ごみの中ではマスクで予防する

 

クリニックでの専門的なクリーニングでお口の中を清潔に保ち、
歯周病もインフルエンザも予防しましょうビックリマーク

 

当クリニックでは家事やお仕事で体力が落ち、免疫が下がってしまったという方に

高濃度ビタミンC点滴や、にんにく注射もできますので。

お疲れの方は是非お試しください。

 

IMCAS に参加してきました。 《東京・銀座の審美歯科 美容、セラミック治療、審美治療、ヒアルロン酸、ボトックス》

皆様こんにちは。

マキデンタルオフィス銀座

院長の今村真樹です。

先日、美容外科・美容歯科に関する学会に参加してきましたので報告します。

IMCAS(International Master Course on Aging Skin)

とは毎年1月にパリで行われ、ヨーロッパを中心に世界各国からドクター達が集まり、

多くの最新研究発表が行われる美容、アンチエイジングの世界的な学会です。

先日そのイムカス(IMCAS)がパリで開催する美容医療学会が

パリ、東京、台北の3都市を繋ぎ、ライブ手術中継を行い

「IMCAS LIVE ANATOMY in TOKYO」を

UDXカンファレンス秋葉原で開催するとの情報を得たので

最新の美容情報を得るために参加してきました。

o0480035913553788860

午前10時半~16時45分 までは、有名美容外科のドクターによるハンズオンセミナーで

主にヒアルロン酸や、ボトックスの注入の講義やメソセラピー、スレッドリフト、最新ニキビ治療など、、。

ハンズオン、ライブオペが開催され、

日ごろの診療での注意事項の再確認や、新たな手技、最新の情報のアップデートを

してきました。(スレッドリフト、ニキビ治療は歯科の領域ではありませんが、、。)

日本の美容形成外科の先生の施術を目の当たりにすることができて、とても勉強になりました。

そして、17時半~20時までのメインセッション

「IMCAS LIVE ANATOMY in TOKYO」が開催されました。

これは実際の患者様に施術を行っている間、身体の中でどのような反応が起こり、

解剖学的にどの部位に適切に治療が行われているのかを

実際の患者様と、カダバー(解剖用献体)を用いてリアルタイムに両者の処置を行うという

とても貴重な発表になります。

東京、台北の先生はそれぞれ症例の発表を行い、

合併症の危険性や対処法などを学びました。

イタリア、フランス、スペイン、アメリカの先生は実際の患者様への施術を行うとともに、

同時中継で

献体の解剖を行い、献体に対し、同様の処置を行い

施術部位への留意点を解説するという内容でした。

基本的にヒアルロン酸などの注入療法は皮膚の中に針を刺す盲目下での治療になります。

そのため、解剖学的な知識と治療の手技及びセンスがとても重要となります。

私自身このような形の学会に参加したことは初めてで、

(実際このような形式の学会は日本初との事でした。)

改めて、美容歯科の治療を行うということの重要さを再確認し、

気持ちが引き締まる思いをしました。

一般歯科治療、審美歯科治療、インプラント、

美容歯科治療など学ぶことは沢山ありますが

今後もしっかりと勉強を行い患者様に、より安全に、

そして満足してもらえるような治療を行える様に研鑽して参りたいと思います。

セラミック治療をお勧めする3つの理由 《東京・銀座の歯医者 セラミック治療、審美歯科、審美治療、セラミック、無痛治療、無痛歯科、短期治療》

皆様こんにちは。

マキデンタルオフィス銀座

院長の今村真樹です。

本日は当院で一番行っていると言っても過言ではない

セラミック治療についてお話しします。

今回はとてもボリュームのある内容のため、まとめ形式で記事にしてみました。

それでは、、。

《 当院でセラミック治療をお勧めする3つの理由 》

 

o0470027013543821028

① 『審美歯科治療に最適。』

オールセラミックは非常に透明感があり、人工の歯ということが分からないくらい

白くて艶のある綺麗な材質です。

健康保健で使用される歯や、昔からあるメタルボンドと言われるセラミックでは

金属を使用しているため、透明感が無く、

装着後、歯と歯茎の間に薄い影を作ってしまいます。

また、金属イオンが口の中に溶け出し、メタルタトゥと呼ばれる歯茎の色の黒ずみを引き起こす

原因となってしまいます。

よく、笑った際に歯と歯茎の境目が黒くて気になると相談を受けることがありますが、

殆どがこの理由です。

o0480026613543821025

[保健の前歯で歯茎に色素沈着してしまった例]

セラミック治療で黒い境目を直した後にも、

歯茎に染み込んでしまっている黒ずみに対してはレーザー治療で

色素の除去することもあります。

当院で使用しているセラミック歯は精度、強度、審美性の条件を持った

良質なセラミックを提供しています。

o0480017013543821042

[メタルボンドにより歯茎に黒いラインが出来てしまった例]

o0480020213543821034

[セラミック治療後]

また、作成されるセラミックのグレードも3タイプから選ぶことができますので。

患者様のニーズに合ったセラミックを選択して頂けます。

② 『身体に対してとても安全な材料。』

銀歯や、保険の前歯などに使用される金属はお口の中に入ると最初、何となく酸っぱい様な味がします。

それは金属の成分が唾液に触れてイオン化し口の中に溶け出しているためです。

この銀歯は常にイオン化して金属成分が溶け出ています。

人によってはこの銀歯が原因で金属アレルギーとなる事があります。

健康保険で使用される銀歯は一口に【銀歯】と言っても、

金、銀、銅、パラジウム、スズ、亜鉛、イリジウム、インジウム

といった様々な金属が混ぜられていて、

材質としては非常に不安定な素材です。

o0480048013543821037

[上・保健治療で劣化した前歯]

[下・セラミック治療後]

さらに、義歯で使用されている金属には、コバルトやクロム等も使用されています。

よくある話ですが、今まで銀歯を入れていても問題なかったのに、

新しく銀歯の治療を追加したら

金属アレルギーの症状が出てきた。という相談も受けることがあります。

これは、花粉症のように体のアレルゲンに対する許容量が

限界を超えてしまったことが原因であると考えられています。

セラミック歯は自然にある成分で作られている為、

金属のように唾液で溶け出したりせずとても安定しています。

人工関節など身体の中に入れても問題なく使用出来、

生体親和性が高く医療の分野で幅広く使用されている体に優しい素材になります。

③ 『汚れがつきにくく虫歯になりにくい。』

せっかくセラミックの歯を入れても虫歯にならないか心配と思ったことはありませんか?

オールセラミックの表面は天然の歯と比べても、より滑沢でプラークなどの

歯の汚れが付きにくくなります。

当然セラミック自体が虫歯になるということはないのですが、

着色や、バイオフィルムといわれる歯の黄ばみも起こりにくい材料です。

更に、セラミックと歯の隙間からの虫歯にもなりにくいという特徴があります。

虫歯の発生は歯と詰め物の隙間から起こる事が非常に多いです。

それは詰め物の強度や安定性に問題があります。

口の中は酸性やアルカリ性など、phの変化が激しく、熱い食事や冷たい飲み物を飲んだり非常に過酷な環境です。更に、1日最低でも3食、食事で咀嚼を行い、歯には強い負荷がかかっています。

その中でオールセラミックは銀歯のように錆びたり、プラスチックのように急激に劣化したりしない強度と精度。そして安定性を持っているため

詰め物の周囲から生じる2次齲蝕になりにくい材質と言われています。

ただし、安心して歯磨きやクリーニングを怠ると、ほかの天然の歯と同じように

歯の寿命は短くなってしまいますので、やはり定期的なメンテナンスは必要となります。

④ 最後に、、。

当院のオールセラミックは全てコンピュータで設計され、高い精度で作り出されます。

更にはセラミック歯の作成にはセラミストと呼ばれる専門の技工士が顕微鏡を使用し、

チェック、最終仕上げを行い、患者様それぞれの歯の状況に合った精密な歯を作成します。

そのため、歯を入れた後でも長期にわたり使用できる歯を提供しています。

今回は非常に長い記事になってしまいましたが、まだまだ膨大な情報の一部です。

それではこれからも皆様に安心して治療を受けて頂くために

情報発信を行って参りますので、よろしくお願い致します。